in 鹿児島県

#478【沖縄県→鹿児島県】~気楽さの理由~

おはようございます!
現在は鹿児島県鹿児島市にいます。昨日は沖縄県からフェリーに乗船し、1日中船の中で生活をしていました!船内では奄美まで仕事で訪れていた方々と様々な話をすることができ、充実した時間を過ごすことができました^^

さて、今日は「気楽さの理由」といったテーマについて書いていきたいと思います。

外の世界にいると感じられる空間

沖縄で感じた「気楽さ」の理由って何だろう。そんなことを考えていた中で「自分が見張られていない空間だと感じられているから」という結論に至りました。

沖縄県に来てから2日目のブログ記事で、「のんびりした空気感でいいなー」みたいな記事を書きました。これも言い換えると気楽だなといった内容になるのですが、この背景には「海を渡る」といった要素が強いのではないかと考えています。

というのも、大学時代にも似たような感覚を抱いた経験があったんですね。それが韓国へ遠征に行った時のお話です。

当時、うつになってチームから離れた後(2018.3~5月頃まで)、また同じ環境に戻っていくことは非常にエネルギーが必要なことでした。戻った後も何だか周囲の目が気になり、何か質問をされないか、今の自分は周囲の人にとってどのように映っているのか、そんなことについてずっと考えていました。

ただ、その後の6月にあった韓国遠征の際はこの感覚がほとんどありませんでした。
理由は単純で、自分の過去のことについて何かを知っている人がいるはずのない環境だったからなのだと思います。

遠征時の様子!

飛行機に乗って、海を渡って異国の地に足を運ぶ。これがいわゆる外の世界で、この空間にいることで誰かに見張られているような感覚から解放されていたのだろうなと。
僕にとっての沖縄県は同じ国ではありつつ、少なからずそんな感覚になれる場所だったのかなと。

改めて考えると、いわゆる内の世界(普段の自分が生活している空間)でもそれほど自分のことなんて誰も見ていなかったのですが、色々な刺激に敏感になっていた当時の僕にとってその空間にいることはやはり負担でした。

現在、当時の僕と同じような状況にいる人は一度、内の世界から外の世界で過ごしてみると、新しい感覚を得ることができるかもしれません。ここで言う外の世界は、海外でも少し離れた地域でも離島でもなんでも構いません。ある程度の内の人間関係を絶てる場所であれば良いです。
期間はそれぞれですが、そこで一先ず刺激を遮断し、冷静さを取り戻すことで次に進むためのエネルギーが蓄えられると思います。

と、個人の経験から感じたことをつらつらと書いてみました。
何かの参考になれば嬉しいです^^

そんなこんなで今日ものんびりと頑張っていきましょう!

Share
Share this Post
Your URL copied
アーカイブ
About

日本全土を自転車で一周しながら講演、ボランティア活動等の活動を行なっています。

ここではそれらの活動を日々のブログに綴っています。

Calendar
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031