in 静岡県

#264【静岡県】~ゲインロス効果~

おはようございます!
現在は掛川市にいます。

昨日は静岡市の方から移動を開始し、掛川市まで移動してきました。

さて、今日は「ゲインロス効果」といったテーマについて書いていきます。

感情変化の量

まず、ゲインロス効果とは簡単に言うと「人の感情は変化する量が大きいほど、より強く印象に残る」といった事象のことを指しています。(認知バイアスとかその類のもの)

・ヤンキーが赤ちゃんに優しくしていたら何だか好感を持った。
といった事象がその例です。

これは、「ヤンキーは嫌なやつ」とそもそも考えていたが、実は優しい人だったという感情の変化の幅が大きかったからこその状況になります。

ざっくりその違いを表すと下記のような感じです。

嫌な人→良い人 感情の変化は大
平凡な人→良い人 感情の変化は小

こういった例からも、この効果を上手く使えば相手に印象を強く持ってもらうことも可能だということですね。

旅の中でのゲインロス効果

上記の例を今の旅の中で上手く使えていると感じたシーンがこれまでにも多々ありました。

それが、バスケをする前と後の部分についてです。

自分で言うのも何ですが、バスケに関しては世間一般的なレベルよりも遥かに高い水準でプレーすることが出来ます。

ただ、旅の中での初対面の人に入る僕の情報は、

・自転車旅してる人
・背が小さくて芋くさい
・バスケで交流するというただのバスケ好き

といったものになります。上手そうな要素皆無ですよね。笑

というように、事前情報と会った段階で旅先の方の中では「バスケに関してはイマイチそう」というイメージが出来上がります。

そこから一緒にバスケをして、「こいつ結構やるじゃん」という大きな感情の変化が発生し、いわゆるゲインロス効果といったものが生まれる。

そもそもの自転車日本一周でバスケしてるだけでも多少印象に残りますが、これで尚印象に残すことが出来たと思います。

こういった感じで相手の印象に残るための方法を自分でデザインして実践している人は、かなり戦略家なのだろうなと感じた出来事でした。

色々と参考にしていきたいですね^^

そんなこんなで今日ものんびりと頑張っていきましょう!

Share
Share this Post
Your URL copied
アーカイブ
About

日本全土を自転車で一周しながら講演、ボランティア活動等の活動を行なっています。

ここではそれらの活動を日々のブログに綴っています。

Calendar
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031